スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【F-1】ウィリアムズといえば…

フェラーリに続き、ウィリアムズが2011年F-1マシン(FW33)を
2月1日のバレンシアテスト初日にトラックデビューさせると正式発表しました。

プライベートチームながらF-1参戦歴30年以上、
多くのドライバーにタイトルを与え、多くのコンストラクターズタイトルを
その手中に収めてきた名門中の名門です。
ここ十数年はタイトル争いからは遠ざかっていますが
最新技術の開発、新人ドライバーの発掘等、
F-1への貢献度はフェラーリ以上と言っても過言ではないでしょう。


ところでウィリアムズといえば、やっぱりコレ!1992年マシンのFW14Bです!

normal_92mcogp92-mansell[1]_convert_20110119211717
パトリック・ヘッドとエイドリアン・ニューウェイの最強コンビが生み出した
F-1史上最強の1台と呼べるであろう名作(ドライバーはN・マンセルとR・パトレーゼ)

normal_92Patrese-Williams-01[1]+(2)_convert_20110119212310
ルノーの最強エンジン『RS5』とリアクティブサスペンションを搭載した
ハイテクマシン『FW14B』の速さは驚異的。このマシンの影響でF-1マシンはハイテク化が進み、
トラクションコントロールシステム、フライ・バイ・ワイヤー等更なる進化を遂げる事になる。

とにかく速かった『FW14B』。他チームよりハイテク技術で先行したウィリアムズは
1992・1993年のF-1界を席巻。あまりの速さに1994年以降はリアクティブサスペンション等の
ハイテク技術が一部禁止され、その後のF-1マシン開発は空力重視へと大きく変化していきます。

それでは最後に、まるで生き物の様に動く『FW14B』をご覧下さい。

このハイテクノロジーが禁止される事無く進化したF-1マシン、見てみたい!
リアクティブサスペンション、復活しないかな~。


スポンサーサイト
.19 2011 F-1 comment2 trackback0

comment

こんばんは。

当時はアイルトン・セナがアイドル的な人気で、マンセルの武骨な佇まいもあって、劣勢ながら奮闘する、悲劇のヒーローのマクラーレンと、圧倒的に強い悪役のウイリアムズという図式でしたね。悪役は言い過ぎで、憎まれ役くらいでしょうか。

ハイテク化。懐かしい響きです。
2011.01.20 23:45 | URL | rascal #- [edit]
rascalさん
そうですね。
アイルトン・セナ、正にアイドルでしたね。
HONDAとの関係が親密だった事もあって
日本での人気は凄かったですね。
ちょっと神経質そうで、もの悲しそうでもあり
”音速の貴公子”ってフレーズがおもいっきりハマってました!

片や、”レッド5"マンセルは豪快な走りっぷりでムラっ気があり、
日本では見事な憎まれ役でしたね。
しかし母国イギリスでは日本でのセナ人気をも凌ぐスターで
勲章まで貰っちゃたりしています。

A・セナのドライビングととHONDAエンジン頼りで
保守的なマシン開発しかしないマクラーレン、
積極的に新しい技術開発に挑戦し、
革新的なマシンを世に送り出したウィリアムズ。

セナに陶酔していた私ですが、ウィリアムズやフェラーリが
羨ましく、マクラーレンはあまり良くは思っていませんでしたね。
2011.01.21 11:16 | URL | 美空 #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://romanticdreamer.blog110.fc2.com/tb.php/26-241702cd

プロフィール

美空

Author:美空
私の最強:前田日明
私の最速:アイルトン・セナ

さぁ、貴方の最強/最速は誰だ!

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。