スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【格闘技】Strikeforceのワールド・ヘビー級GPが凄い!?

1/4に発表されたStrikeforceのワールド・ヘビー級GP。
日本人にも馴染みの深い選手が勢ぞろい!まるでPRIDE GP再来の様だ!

しかし本当にワールド・ヘビー級と呼べるほどのレベルにあるのだろうか?
今回は各出場選手の戦歴を振り返り、トーナメント全体のレベルを検証してみようと思う。
(勝敗は2011年1月16日現在)

200910241804579a4[1]_convert_20110116142734
エメリヤーエンコ・ヒョードル  183cm 104kg 34歳(ウクライナ出身)
・サンボ・柔道がバックボーン、ボクシング、パウンド技術にも定評有
主な獲得タイトル:初代リングス世界ヘビー級王座('01)
           初代リングス無差別級王座('02)
           第2代PRIDEヘビー級王座('03)
           PRIDE GP 2004ヘビー級トーナメント優勝('04)
           初代WAMMA世界ヘビー級王座('08)
主な総合格闘技戦績:32勝2敗1無効試合
          '02 高坂剛にTKO負(右瞼のカットによるドクターストップ)
          '10 ファブリシオ・ヴェウドゥムににギブアップ負(腕ひしぎ三角固め)

繧「繝ウ繝医ル繧ェ繝サ繧キ繧ヲ繝神convert_20110116150606
アントニオ・ペイザォン・シウバ  195cm 140kg 31歳(ブラジル出身)
・空手とブラジリアン柔術がバックボーン、打撃も寝技もこなす
主な獲得タイトル:第3代Cage Rage世界ヘビー級王座('05)
           初代EliteXC世界ヘビー級王座('08)
           ※試合後ステロイドの陽性反応検出のため、1年間の出場停止処分
主な総合格闘技戦績:15勝2敗
          '06 エリック・ペレにTKO負(パウンド)
          '09 ファブリシオ・ヴェウドゥムに判定負(5分3R終了 判定0-3)

viewpic[2]_convert_20110119135528

アンドレイ・アルロフスキー  193cm 110kg 31歳(ベラルーシ出身)
・サンボ・キックボクシングがバックボーン、KO、TKO勝利の多いストライカー
主な獲得タイトル:第11代UFC世界ヘビー級(暫定)王座('05)
主な総合格闘技戦績:15勝8敗
          '99 ヴィアチェスラフ・ダトシクにKO負(パンチ)
          '01 リコ・ロドリゲスにTKO負(パウンド)
          '02 ペドロ・ヒーゾにKO負(パンチ)
          '06 ティム・シルビアにTKO負(パウンド)
          '06 ティム・シルビアに判定負(5分5R終了 判定0-3)
          '09 エメリヤーエンコ・ヒョードルにKO負(パンチ)
          '09 ブレット・ロジャースにKO負(パンチ連打)

          '10 アントニオ・ペイザォン・シウバに判定負(5分3R終了 判定0-3)

繧サ繝ォ繧イ繧、繝サ繝上Μ繝医・繝弱ヵ_convert_20110116143255
セルゲイ・ハリトーノフ  193cm 115kg 30歳(ロシア出身)
・コマンドサンボ・ボクシングがバックボーン、打撃が得意、寝技もこなす
主な獲得タイトル:特に無し  ロシア軍第106親衛空挺師団に所属する現役軍人
主な総合格闘技戦績:17勝4敗
          '04 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに判定負(2R終了 判定0-3)
          '06 アリスター・オーフレイムにTKO負(グランドでのでの膝蹴り)
          '06 エメリヤーエンコ・アレキサンダーにTKO負(グランドパンチ)
          '09 ジェフ・モンソンににギブアップ負(ノースサウスチョーク)

----------------------------------------

まずは2月12日に行われる準々決勝の2試合。

【Aブロック】エメリヤーエンコ・ヒョードル×アントニオ・ペイザォン・シウバ
経験値、実力共に大会№1のヒョードル。
ファブリシオ・ヴェウドゥムに1度は敗れてはいるものの、現役最強の称号は健在であろう。
強いて不安があるとすれば183cm,104kg(全選手中最軽量)の体格だろう。
対戦相手のアントニオ・シウバは195cm,140kg(全選手中最重量)でBig footの異名を持つ大男。
ヒョードル同様ファブリシオ・ヴェウドゥムに敗れはしているものの、実績は十分。
スリリングな試合展開が期待できそう。

【Bブロック】アンドレイ・アルロフスキー×セルゲイ・ハリトーノフ
強烈な打撃を持つストライカー同士の一騎討ち。
アンドレイ・オルロフスキーは元UFCヘビー級王者。
片や、ハリトーノフは目立ったタイトル歴はないもののロシア軍現役軍人。
セーム・シュルトやアリスター・オーフレイムをKOで葬った打撃は脅威。
戦績・体格にほとんど差はなく、KO決着必至の好カード。

----------------------------------------

繧「繝ェ繧ケ繧ソ繝シ繝サ繧ェ繝シ繝輔Ξ繧、繝
アリスター・オーフレイム  195cm 120kg 30歳(オランダ出身)
・キックボクシングがバックボーン、ストライカー(アームロックも得意)
主な獲得タイトル:初代Strikeforce世界ヘビー級王座('07)
           K-1 WORLD GP 2010 優勝('10)
           DREAMヘビー級暫定王座('10)
主な総合格闘技戦績:34勝11敗1無効試合
          '99 コーチキン・ユーリに判定負(5分2R終了 判定0-2)
          '00 コーチキン・ユーリに判定負(5分2R終了 判定0-2)
          '00 ボビー・ホフマンにKO負(パンチ)
          '03 チャック・リデルにKO負(パンチ)
          '05 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラに判定負(3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3)
          '05 マウリシオ・ショーグンにTKO負(パウンド)
          '06 ファブリシオ・ヴェウドゥムににギブアップ負(チキンウィングアームロック)
          '06 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラにTKO負(タオル投入)
          '06 ヒカルド・アローナにTKO負(グラウンドでの膝蹴り)
          '07 マウリシオ・ショーグンにTKO負(パウンド)
          '07 セルゲイ・ハリトーノフにTKO負(スタンドパンチ連打)

繝輔ぃ繝悶Μ繧キ繧ェ繝サ繝エ繧ァ繧ヲ繝峨ぇ繝
ファブリシオ・ヴェウドゥム  193cm 108kg 33歳(ブラジル出身)
・ブラジリアン柔術がバックボーン、グラップラー
主な獲得タイトル:第5回 アブダビコンバット 99kg以上級 準優勝('03)
           第7回 アブダビコンバット 99kg以上級 準優勝('07)
           世界柔術選手権(ムンジアル)黒帯ペサディシモ(+97kg)級 優勝('03)
           世界柔術選手権(ムンジアル)黒帯ペサディシモ級 優勝('04)
主な総合格闘技戦績:14勝4敗1引き分け
          '05 セルゲイ・ハリトーノフに判定負(3R(10分/5分/5分)終了 判定1-2)
          '06 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに判定負(3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3)
          '07 アンドレイ・アルロフスキーに判定負(5分3R終了 判定0-3)
          '08 ジュニオール・ドス・サントスにKO負(パンチ)

繧ク繝ァ繧キ繝・繝サ繝舌・繝阪ャ繝・convert_20110116143210
ジョシュ・バーネット  191cm 117kg 33歳(アメリカ出身)
・フリースタイルレスリング、柔道、ムエタイがバックボーン、トータルファイター
主な獲得タイトル:第7代UFC世界ヘビー級王座('02)
           ※試合後ステロイドの陽性反応検出のため、タイトル剥奪
           第10代無差別級キング・オブ・パンクラシスト('03)
主な総合格闘技戦績:28勝5敗
          '01 ペドロ・ヒーゾにKO負(パンチ)
          '04 ミルコ・クロコップにギブアップ負(左肩脱臼)
          '05 ミルコ・クロコップに判定負(3R終了 判定0-3)
          '06 ミルコ・クロコップにギブアップ負(パウンド)
          '06 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに判定負(3R終了 判定0-3)
       
ブレット・ロジャーズ
ブレット・ロジャース  193cm 120kg 29歳(アメリカ出身)
・キックボクシング・ムエタイがバックボーン、KO、TKO勝利の多いストライカー
主な獲得タイトル:特に無し
主な総合格闘技戦績:10勝2敗
          '09 エメリヤーエンコ・ヒョードルにTKO負(パウンド)
          '10 アリスター・オーフレイムにTKO負(マウントパンチ)


----------------------------------------

続いては以降に予定されている準々決勝の2試合。

【Aブロック】アリスター・オーフレイム×ファブリシオ・ヴェウドゥム
'07年のハリトーノフ戦以降、総合では負けのない、K-1でもWORLD GP 2010を制する等、
実力急上昇中の”ダッチ・サイクロン”アリスター・オーフレイム。
対するは'06にオーフレイムを下し、昨年はヒョードルにも勝利しているファブリシオ・ヴェウドゥム。
特質すべきは、グラップラーながらKO負けがたった1度と非常に少ない事。
過去の成績はほとんど参考にならない程、上り調子の両雄。
打撃vs関節の息詰まる攻防が期待できる!

【Bブロック】ジョシュ・バーネット×ブレット・ロジャース
大会中、ヒョードルの次に経験値が豊富なトータル・ファイター、ジョシュ・バーネット。
対するブレット・ロジャースは、ジョシュ・バーネットの薬物問題で中止となってしまった
vsヒョードル戦の代替選手の候補にあがった選手。
エメリヤーエンコ・ヒョードル、アリスター・オーフレイムに敗れているものの、
KO率9割、アンドレイ・アルロフスキーをKOで下した超ハードパンチャー。
因縁浅からぬ両者の激突は、見ごたえ十分!


いかがでしょう?
こうして見ると、ワールド・ヘビー級の名に恥じない強豪揃いじゃないですか?
PRIDE全盛を彷彿させるこの大会、十分期待できると思います。
この大会が日本の団体主催じゃないのが本当に残念!
『 Dynamite! 』がかすんで見えちゃいます!

スポンサーサイト
.16 2011 格闘技 comment4 trackback0

comment

やられたっ(笑)す。
というのは、私も同じ様なエントリを一応用意してたんですが_こうなったら此処を荒らしちゃいます(笑)

私は今SFトーナメントに2006年に行われたPRIDE無差別級グランプリの薫りを感じています。なぜか?その人並みな嗅覚を晒す前に_

対抗馬であるUFC(アザーな世界)がどうであったかというと_
2006年は岡見がUFCデビューを果たした年ですが、チャック・リデルがクートゥア、ババル、オーティズに3連勝し、ライトヘビー級絶対王者に堂々と居座りましたが、そのライトヘビーを除いた全ての階級で新王者が誕生した年でありました。ミドル級のリッチ・フランクリン、ウェルター級マットヒューズが次世代の絶対王者となる、アンデウソン・シウバ、ジョルジュ・サンピエールにそれぞれ敗れています。またB.J.ペン不在(この年ウェルターで復帰)のライト級ではショーン・シャークが第二代ライト級王者になりましたが、選手層は今のDREAMよりも酷いのが実態であり、その強さには疑問符が付きまとっていました。そして団体・イベントの強さの証であるヘビー級に至っては、コンテンダー不足で仕方なく二回り目に突入したヘビー級のタイトルマッチが行われ、王者アルロフスキーが肉体(腹回り)改造に成功したティムシルビアに、ダウン後の逃げ打ちしたパンチが彼の最大の弱点であった顎にヒットし敗れるという_何とも味の薄~い王者が誕生した年でありました。つまり、私達が望むような絶対王者や最強なんてのは日本以外に全く存在していない状況だったと言うことです。

そんなイベントとして信憑性やキャッチ.力の薄~いUFCを尻目に行われたPRIDE無差別級グランプリ_その顔ぶれ(二回戦)はというと_

ファブリシオ・ヴェウドゥム、マーク・ハント、ジョシュ・バーネット、藤田和之、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、吉田秀彦、2回戦からの出場予定だったヒョードルの怪我でヴァンダレイシウバが急遽参戦。

と、言う具合。60億分の1が抜けててもこれほどのメンツが揃っていました。世界最高のナンバー2に、アブダビ王者にUFC王者、外敵(K1)の登場に、プロレスラー、日本人の誇りに、絶対王者_、正に究極の幕の内弁当であった大会でした。

で、SFグランプリ_こうしてみると最大の驚きは"過去"にオーフレイムとヴェウドゥムに勝っているハリトーノフ_それはまるでPRIDE無差別GPの藤田和之・高坂剛のようではありませんか?ブレット・ロジャース_一発の破壊力はマーク・ハントのようであり、ファブリシオ・ヴェウドゥムは実力的には当時のノゲイラを彷彿させます。エメリヤーエンコ・ヒョードルはミルコへのリベンジに燃えさかる青い目のケンシロのようであり、オーフレイムはウェポンさを増した当時のミルコの様に見えるのです。

実に楽しみな大会です。
2011.01.18 09:46 | URL | 武辺舎 #- [edit]
武辺舎さん

漠然とイメージだけでしたが、武辺舎さんのコメントを
見せて頂くと2006年のPRIDE、まさにおっしゃる通りですね。
本当に楽しみな大会です!

これでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ブロック・レスナーを
立て続けに撃破し、現UFC世界ヘビー級王者まで上り詰めた
ケイン・ヴェラスケスが加われば、申し分ないですね。
※個人的にケイン・ヴェラスケスという選手、相当な強者だと思っています。
 UFCヘビーのベルトはしばらく移動しないんじゃないかな~。
2011.01.18 23:52 | URL | 美空 #- [edit]
確かにケイン・ヴェラスケスは強すぎます。でもPRIDE無差別にヒョードルが居なかった事を思えば_。

ただこのストライクフォースHVトーナメント、欲を言えばSFと契約はしていないものの、シュルトはどうしたんだ?というのと、バディスタが丁度今年からMMAのトレーニング云々という話もあったのにどうしたんだ?という事ぐらいでしょうか。

それにしても美空さん。

先日の拙blogへのコメントで、私、吹っ切れたのです。
もぅ"わざわざ"色眼鏡掛けなきゃ私は見れない日本の格闘技イベントを追い掛けるのは辞めよう_そう踏ん切りがつきました。昨年一年、ネットで知り合った方々に圧されるようにDREAMを見続けたのですが_ちっとも盛り上がらない。我慢して見続ければ何かあるのか?そんな思いは大晦日を待たずに完全に潰えていました。

初心に戻って本当の意味で旬な格闘技_を楽しんでいこうと思います。
2011.01.19 00:52 | URL | 武辺舎 #- [edit]
武辺舎さんの中できちんと整理できたのならよかったです。
私は随分前に整理できていました。
(武辺舎さんは大体ご存知だと思いますが…)

ですから久しぶりに見た大晦日の試合は本当に
結構面白かったですよ。
所選手の試合は相変わらず面白かったし、
石井選手の試合も私は結構楽しめました。
ただ、青木の件はあまりにも残念だったので
つい、愚痴ってしまった次第です。

単純に好きなものは好き、見たいものは見たい。
そんな感じでいいんじゃないんでしょうか?

ストライクフォースのトーナメントに関しては凄く見たい!
格闘技に夢中になっていた頃を思い出しました。

※武辺舎さん、やさしいですね。
 ありがとうございます。
 懸命にベルトを持っている画像を探していたのですが
 なかなか見つからず、間違ってしまいました。
(言い訳ですが、写真の顔、よく似てませんでした?ちょっと違うんじゃないかなと
 思ってはいたんですが…。トランクス、違ってますね。)
 web新さんにご指摘ありがとうございますと
 お礼、言っておいてくださいね。
2011.01.19 13:32 | URL | 美空 #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://romanticdreamer.blog110.fc2.com/tb.php/16-f6cd8ccf

プロフィール

美空

Author:美空
私の最強:前田日明
私の最速:アイルトン・セナ

さぁ、貴方の最強/最速は誰だ!

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。